脳内雑記。考えてることを形に表しているよ。

ダイエットをやってたはずがやめてしまったので、雑記でも書いていきます。

子育てのノウハウを夫にも当てはめる

子育てのハウツーっていうのは、子供だけに拘らず、大人にも適応できるのでは?

とふと思い、夫にもそれを実行しようかと思い始めた。

 

そもそも、子育てっていうのは

子供と大人を分けて考えるんじゃなくて、人間を育てていると考えたほうが以外とスムーズにいくのかもしれない。

そのほうが、子供だから・身内だから と、子供に対して甘えが出てしまうのを防げる気がする。

 

夫も同じだ。

夫だから、ではなく、人間として接する。

 

 

 

とか、真面目に書いていますが、

実は夫にクッソムカついたんですよ。

実際に起こったことは省きますが、その時私が心の中で何を思ったかというと

『はあ〜?!2年子育てしてそんなことも理解できないの!?』

でした。

 

まあそして、イライラしちゃって、嫌味な言い方でめっちゃ正論をぶつけてお互いイライラするっていう悪循環でした。

 

しかも、それを反省して、

「言い方が悪かった。ごめんね」

といったものの、夫からは「うん」のみ。

もうね、心の中の声が聞こえましたよ。

『そんな言い方しなくていいじゃん。俺悪くない。お前の言い方悪いから俺、イライラしたもん』って聞こえたぜ!!!!!!

くそが!!!

そもそも、言い方が悪いってことは、言い方の問題で、本質的にはあんた(夫)の行動に問題があることには変わりないんだからな!!!!

といってやりたかった〜

あっはっは!

 

でもね、ここでまた反省です。

これは、つまりなんにも夫に伝わっていないってことで、なんの役にも立ってない言い方なんだよね。

最初の正論も、あとから謝ったことも。

 

子育ての声かけって、考えを押し付けるんではなくて、相手(子供)を尊重・理解して、相手(子供)の行動を引き出すことだと思っているんだけど、それって人間関係も基本的にそうだよねって。

 

自分が正論をまくし立てられると、気持ちがいいか?従いたいか?

相手を尊重しながら従わせるのではなく、伝わるつ伝えかたを模索中。

まずは、相手の立場を理解して、自分の立場からものをいうのではなく相手の立場で伝わる伝え方を〜〜〜考える?

 

まあ、いろいろ模索していってみよう!