脳内雑記。考えてることを形に表しているよ。

ダイエットをやってたはずがやめてしまったので、雑記でも書いていきます。

甚平パンツ、とりあえず修正完了

サクッと修正〜

 

こっちが前。

f:id:iyasaka943:20170717232508j:plain

 

こっちが後ろ。飾りのポケットつけました。

f:id:iyasaka943:20170717232517j:plain

 

肝心な股上は、

f:id:iyasaka943:20170717232616j:plain

こんな感じ!

今度は深すぎ?

 

でもまあ、また明日朝、履いてもらおう(笑)

甚平パンツ、作り直しですね。

じゃじゃ〜ん

 

f:id:iyasaka943:20170717083531j:plain

お、以外と普通にはけてる〜

という感じですが、実は腰ばき状態です。

 

エストにゴムがこないため、本人もしっくりこないのか足を大きく開いて歩きます。そして最終的んい脱ぎました(笑)

 

こりゃ股上浅いんだわ…

 

そこで手持ちの腰が浅めのものと比べてみました。

 

 

f:id:iyasaka943:20170717083543j:plain

手作りの方は股下がわかりにくかったので指でさしました。

 

こうやってみると、3センチほど短いなあ〜という印象。

こうなってしまった原因ですが、多分使用したゴムが太すぎたんですよね。

25mmのゴムを使ったので、折り返しもそれなりに幅取ってます。

 

まあでも、それでも股上浅い気がしますけどね。

比べているズボンは、上にも書いた通り浅めの履き心地の服なので。

 

なので、3、4cm股上を深くして、さらにポケットをつけて修正したいな〜なんて思ってます。

 

簡単に作ることができるので、修正でめんどくさいという気持ちにならないのがいい!

子供用手ぬぐい甚平始めます。

先日、ダイソーでこんなに可愛い手ぬぐいが。

f:id:iyasaka943:20170716223410j:plain

可愛い〜

100円均一手ぬぐいは、硬いから手を出さなかったけど、これはクリーンヒットしてしまった。

でも、特に作りたいものとかがないため、前から気になっていた手ぬぐいて甚平を作るということにチャレンジ。

 

まずは、簡単にできるズボンから。

ちなみに、作り方は下記youtubeから。


手ぬぐいで作れる、ステテコパンツ。

 

めっちゃ簡単。

ボビン汚くて掃除したけど、その掃除合わせて三十分でできた。

 

 

ジャジャーン

f:id:iyasaka943:20170716223714j:plain

 

サイズ90らしいので、サイズ80でピチピチ、90ぶかぶかな息子にはかなり大きそう。

明日起きたらきてもらおう。

 

あ〜

簡単だし可愛い!!!!

でも、肌触りはぶっちゃけ悪い。

 

白い方が柔らかく感じたから、きっと色の乗ったところがかなり硬くなるのかも。

フェルトドーナツどんどん?生産中

前回切り出しと模様付けのみだったフェルトドーナツ。

今、着々と出来つつあります。

 

f:id:iyasaka943:20170714231432j:plain

イビツで縫い目もまちまちだけど、

以外とそれっぽく見えるので、これは初心者ぬちょうどいい!

形が円だからよくわからない達成感もあり、気分は上々です。

 

さ〜

少しづつ作っていくかな〜

フェルトドーナツ作成中

最近会社の休憩時間にいそいそと作ってます。

 

f:id:iyasaka943:20170712230445j:plain

 

地味だけど楽しい。

 

 

思いつき実験。レモンの砂糖漬けならぬ「レモンの生いちごシロップ漬け」

先日発表した生いちごシロップのレモン輪切り炭酸割り。

繰り返し同じレモンで飲んでいました(もったいなからさ…でも、3、4杯です)

 

そして、飲み割ったのでレモンをかじったところ…。

昔部活で食べた「レモンの砂糖漬け」を思い出す爽やかな味!!!

(部活はいじめすごかったけどな!)

 

なので実験。

レモンの生いちごシロップ漬け

 

材料

・生いちごシロップ

・レモンの輪切り

・タッパー

f:id:iyasaka943:20170620000723j:plain

 

 

作り方

・タッパーに輪切りいちごを入れて、生いちごシロップをかぶるくらい入れる。

f:id:iyasaka943:20170620000845j:plain

 

・1日くらい漬け置く

f:id:iyasaka943:20170620000919j:plain

終わり

 

 

さあ味はどうかな〜?

楽しみ。

子育てのノウハウを夫にも当てはめる

子育てのハウツーっていうのは、子供だけに拘らず、大人にも適応できるのでは?

とふと思い、夫にもそれを実行しようかと思い始めた。

 

そもそも、子育てっていうのは

子供と大人を分けて考えるんじゃなくて、人間を育てていると考えたほうが以外とスムーズにいくのかもしれない。

そのほうが、子供だから・身内だから と、子供に対して甘えが出てしまうのを防げる気がする。

 

夫も同じだ。

夫だから、ではなく、人間として接する。

 

 

 

とか、真面目に書いていますが、

実は夫にクッソムカついたんですよ。

実際に起こったことは省きますが、その時私が心の中で何を思ったかというと

『はあ〜?!2年子育てしてそんなことも理解できないの!?』

でした。

 

まあそして、イライラしちゃって、嫌味な言い方でめっちゃ正論をぶつけてお互いイライラするっていう悪循環でした。

 

しかも、それを反省して、

「言い方が悪かった。ごめんね」

といったものの、夫からは「うん」のみ。

もうね、心の中の声が聞こえましたよ。

『そんな言い方しなくていいじゃん。俺悪くない。お前の言い方悪いから俺、イライラしたもん』って聞こえたぜ!!!!!!

くそが!!!

そもそも、言い方が悪いってことは、言い方の問題で、本質的にはあんた(夫)の行動に問題があることには変わりないんだからな!!!!

といってやりたかった〜

あっはっは!

 

でもね、ここでまた反省です。

これは、つまりなんにも夫に伝わっていないってことで、なんの役にも立ってない言い方なんだよね。

最初の正論も、あとから謝ったことも。

 

子育ての声かけって、考えを押し付けるんではなくて、相手(子供)を尊重・理解して、相手(子供)の行動を引き出すことだと思っているんだけど、それって人間関係も基本的にそうだよねって。

 

自分が正論をまくし立てられると、気持ちがいいか?従いたいか?

相手を尊重しながら従わせるのではなく、伝わるつ伝えかたを模索中。

まずは、相手の立場を理解して、自分の立場からものをいうのではなく相手の立場で伝わる伝え方を〜〜〜考える?

 

まあ、いろいろ模索していってみよう!